スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

酒井法子被告、よもやの心変わり「夫と息子と暮らしたい」

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、「夫と息子と3人で静かに暮らしたい」と供述していることが8日、分かった。継母(62)に近い建築解体会社「社長」(71)や弁護士の話で、夫、高相祐一被告(41)との離婚を決意したと思われていたが、よもやの心変わり。同じ罪を犯した夫と歩む人生は、再犯リスクも否めないと指摘する法曹関係者もいるが…。

 覚せい剤による“負の連鎖”を断ち切るために離婚を決意したはずの酒井被告が一転、「覚せい剤を勧められた」夫との生活を選択した。

 「ここを出たら、夫と息子と3人で静かに暮らしたい」。酒井被告は警視庁東京湾岸署での取り調べで、そう供述した。

 逃走中、同被告が継母に「引退して離婚し、長男(10)と(継母の)3人で暮らしたい」と涙ながらに話していたことを、「社長」がサンケイスポーツに証言。また、9月1日、接見に訪れた高相被告の母親が「長男を引き取りたい」と申し出た際、酒井被告はかたくなに拒否していた。「社長」は同被告が覚せい剤の入手先である夫と決別するとの見方を示していたが…。

 所属事務所「サンミュージック」を解雇された酒井被告について、ある関係者は「肺がんを患い、入院を余儀なくされた継母に頼れない状況にあるのでは」と話す。高相被告の実家はスキー用品店「SKI SHOP JIRO」を経営しており、「今は夫が頼みの綱で、離婚を“撤回”した可能性は大きい」と同関係者は推測。

 ただ、高相被告は結婚後、サーフショップを出店するも失敗し、東京・南青山に購入した自宅マンションのローンも酒井被告が支払っていたことを考えると、「再び夫婦生活を始めても、経済的に困窮するのでは」と心配する声も多い。

 さらに、覚せい剤の快楽を知った2人が再び生活した場合、再犯の恐れもあるという。覚せい剤事件などを多く扱うアトム東京法律事務所の岡野武志弁護士(31)は「入手ルートが夫であるならば、再犯の可能性は否定できない」と指摘。

 続けて「執行猶予の場合、判決で保護観察処分がつき、1カ月に2度、保護司の指導を受けることになる」と説明した上で、「再犯の誘惑に打ち勝つには、夫婦で共通の危機感を持てるかがカギになる」と力説する。

 執行猶予になっても、酒井被告夫妻には“いばらの道”が待っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000030-sanspo-ent             関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line

酒井被告 アイドル時代のやり方で?“証拠隠滅”

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)が「覚せい剤を使った時のストローはコンビニのゴミ箱などに捨てていた」と供述していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。酒井被告は、千葉県勝浦市の別荘でもゴミ出しをめぐって近隣住民ともめており、証拠を消すために“使用済み”の吸引道具を、家庭ゴミを装って捨てていたとみて調べている。

 夫の高相祐一容疑者(41)=覚せい剤所持容疑で再逮捕=から「やりすぎるなよ」と注意されたほど覚せい剤を常習していた酒井被告。東京・南青山の自宅マンションで見つかった計42本のストローからは0・008グラムの覚せい剤しか出てこなかったが、それは使用の痕跡を消すために自らマメに“使用済み” を捨てていたからだった可能性もある。

 TBSの報道によると、酒井被告は、覚せい剤を使った時の吸引用のストローを「ビニール袋にまとめてから、コンビニのゴミ箱などに捨てていた」と供述した。これまでの調べで、酒井被告は覚せい剤の結晶をアルミはくに乗せ、火であぶって気体化したものをストローなどで吸う「あぶり」と呼ばれる方法で使用していたことが分かっている。

 「あぶり」を1人でやる場合、鼻から吸い込むのは困難とされる。酒井被告はストローをたばこの長さほどに切った上で、口から吸い込んでいたとみられる。短く加工されたストローに加え、焦げ付いたアルミ箔(はく)を粉々に切り刻んでから、家庭ゴミを装ってコンビニのビニール袋に入れたようだ。足がつかないように、自分のマンションのゴミ収集場を避けてコンビニのゴミ箱に捨てたとみられる。

 自宅近所の複数のコンビニでは「(酒井被告が)訪れることはあってもゴミを捨てていく姿は見たことがない」としており、離れた場所で捨てていたようだ。また、芸能関係者によると、アイドルの場合、熱狂的なファンによる“ゴミあさり”を懸念して、別の場所へゴミを捨てに行く習慣がついている場合もあるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000045-spn-ent             関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line

酒井法子被告「逮捕されて良かった」

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、「あのままだと覚せい剤をやり続けていた。逮捕されて良かった」と供述していることが9月1日、分かった。警視庁は、最近も覚せい剤を使用していたとみて、裏付けのため同法違反容疑で再逮捕された夫、高相祐一容疑者(41)の拘置期限を延長する見通し。小学4年生の長男(10)はこの日、新学期を迎えた。


 「夫と私は精神的に弱い人間です。あのままだと覚せい剤をやり続けていたと思うので、逮捕されて良かった」


 この日、両親とも拘留されたまま新学期を迎えた愛息への後悔の思いがよぎったのか。TBSの報道によると、酒井被告は猛省を口にし、さらに「覚せい剤を使い始めて半年経ったころ、やめようと思い、夫の覚せい剤をトイレに流した」とも供述。「やめたかった」という思いと、更生したい思いを強調した。


 所属事務所は解雇された。今後はまじめに更生の道を進み、息子のためにも早く社会復帰しなければならない。だが、更生には、同じく覚せい剤取締法違反で逮捕された夫の協力が不可欠だ。


 「夫に勧められて…」快楽の世界におぼれていった酒井被告。これまで「やめようと思ったが、やめられなかった」と供述しており、半年前から別居状態の夫とは“薬”が絆でつながっていた。


 酒井被告は逃亡中、同行した継母に「離婚して、子供と(継母の)3人で静かに暮らしたい」と離婚の意思を漏らしていた。覚せい剤をやめたいという気持ちは、確かにあったのかもしれない。だが、これだけボロボロになることが分かっていながら、やめられなかった被告の姿は、薬の怖さを物語る。


 警視庁は酒井被告が最近も覚せい剤を使っていた疑いがあるとみて、9月2日に切れる夫の拘置期限を延長、2人をさらに追及する方針だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090902-00000032-sanspo-ent             関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line

酒井被告の損害賠償5億円を元事務所が負担

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)の損害賠償について、元所属事務所の「サンミュージック」が負担する意向を持っていることが30日、分かった。同社の相澤正久社長(60)がサンケイスポーツの取材に対し、「最大の責任は事務所にあります」と語った。損害賠償額はCM契約解除など、総額で推定約5億円とみられる。

 最後の“親心”だ。酒井被告の逮捕により、雪だるま式に増えていく損害賠償。不肖の“娘”に対して、サンミュージックが手を差し伸べた。

 「事務所が先方(企業)とCM契約しているので、最大の責任は酒井本人より事務所にあります。それは誠意として当然です」。相澤社長は賠償責任についての質問にキッパリと答えた。

 酒井被告が東京地検に起訴された28日に、事務所として解雇処分を下したが、債務責任はまだ残っている。CM契約を打ち切られたのはアラクスの頭痛薬「ノーシン」、トヨタ自動車のミニバン「ノア」。酒井被告のCM出演料は1本で3000万円から4000万円の間とみられ、違約金を含めて損害額は2本で1億円を超える見通しだ。

 最高裁が制作し、酒井被告が主演した裁判員制度PR映画の第3弾「審理」は、全国の地裁や法務省に配布された19万1000本のDVDがお蔵入り。同時にHPの動画配信も中止となり、制作費の7100万円と迷惑料を合わせ、賠償額は約1億円に達しそう。

 また、28日に契約解除された元所属レコード会社、ビクターエンタテインメントは9月に予定していたベストアルバムの発売を中止し、これまでのCD、DVDも出荷停止して回収。各費用に5000万円程度を負担したとみられる。

 最大の損害賠償を求められると思われるのが、酒井被告が手掛けたファッションブランド「PP rikorino」の販売元、伊藤忠商事。逮捕された際、すぐに契約解除を決定し、店頭から約150品目の商品を撤去しており、関係者によると損失は2億5000万円に及ぶという。

 膨れあがった損害賠償は実に約5億円。今後は事務所側が各企業を回って、請求額を折衝していく。2004年には年収1億2189万円を誇った酒井被告だが、無職となった今では返済能力があるとはいえない。事務所の温情に、ただ感謝するしかない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000030-sanspo-ent             関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line

酒井法子被告“引退”告白「解雇分かっていた」

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、担当弁護士に“芸能界引退”の意思を伝えていたことが29日、分かった。6日間の逃走中、宿泊場所などを手配した東京・中野の建築解体会社「社長」(71)がサンスポに明かした。「社長」によると、榊枝真一弁護士がこの日、酒井被告と接見し、芸能プロ「サンミュージック」から解雇されたことを伝えると、「こうなるのは分かっていた」と冷静に受け止めていたという。

薬物をめぐる大胆不敵な“犯行”が次々と明らかになる酒井被告が、14歳から続けてきた芸能活動に自ら“終止符”を打つ姿勢を見せた。

 酒井被告の継母と40年来の付き合いという「社長」は29日、サンケイスポーツの直撃取材に応じ、この日、同被告を担当する榊枝真一弁護士に会い、酒井被告の胸中を聞いたと告白。それによると、所属事務所「サンミュージック」が同被告を解雇したことを、警視庁東京湾岸署を訪れた同弁護士から伝えられた酒井被告は、「社会をこれだけ騒がせたし、こうなるのは仕方がない。分かっていた」とショックの表情をみせることなく、現実を冷静に受け入れていたという。

 「社長」は6日間の逃走に同行した継母とも連絡を取り合っている。その継母は「社長」に「法子は山梨に行ったとき、引退して、離婚して、子供(長男=10)と(継母の)3人で静かに暮らしたいと話していた」と漏らしている。「逃走は覚せい剤を抜くため」と、覚せい剤使用の隠蔽工作をしたたかに実行しながら、逮捕後の自分の姿も冷静に想定していたのか…。

 さらにこの日、酒井被告が「自宅以外でも覚せい剤を吸った」と供述していることが新たに判明。これまで「10回ぐらい使用した」、「昨年夏以前にも覚せい剤を使用していた」と供述が変わり、徐々に“ヘビーユーザー”ぶりが明らかになってきた酒井被告。ついに自宅以外での吸引も認めたことで、これまで貫いてきたかたくなな姿勢がもろくも崩れ去った格好だ。

 「社長」によると「現在、法子は接見禁止で会うことができない」という状態。このため、同弁護士から酒井被告の様子を聞いては、継母に伝えているという。同弁護士が所属する「みやび法律事務所」には、「社長」の弟が勤務しており、その関係で「社長」と同弁護士は頻繁に会っているようだ。酒井被告が同弁護士に「本を読みたい」と申し出て、同弁護士が小説を差し入れたこともあった。

 一方、酒井被告の保釈申請については「使用での再逮捕が近いかもしれないので、申請は出さない」と断言。約300万円とされる保釈保証金については「最初から貸すつもりはないが、先方(被告側)が頼んできたら考えないといけない」と今回は“全面バックアップ”の姿勢を避けた。

 すっかり観念した様子の酒井被告。事件の全貌が判明する日は近い。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090830-00000030-sanspo-ent             関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。