スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

大橋未歩アナ、下ネタトークにさらされながら奮闘中!

テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(30)が、出演中の同局バラエティー「やりすぎコージー」(月曜後9・0)で下ネタトークにさらされながらも奮闘中だ。昨年10月に深夜枠からゴールデンに昇格したが、司会の今田耕司(42)、東野幸司(41)、千原兄弟のきわどいトークは健在。「看板アナとして苦悩が多い?」と思いきや、「いまさらカマトトぶってもしようがない」と元気いっぱいだ!

本業のほか、雑誌の取材依頼などで大忙しの大橋アナ。長袖Tシャツ姿で応接室に駆け込むと、「よろしくお願いしまーす」。大きな瞳が印象的だ。

 ??「やりすぎ」が月9に進出して変わったところは

 「私なりには、張り切って“大人の女の夜遊び”というイメージで衣装を若干豪華にしました。ほかの4人の衣装は変わってませんけど(笑)」

 ??オープニングトークでの下ネタは?

 「やりすぎるのが番組のいいところ。ただ、せっかくの楽しいトークがカットされないよう、放送禁止用語はチェックするようになりました」

 とはいえ、月9進出直後の放送で、いきなりダッチワイフの話題が飛びだした。

 「女性が普通に生きてたら出会わない言葉じゃないですか(笑)。これはダメかなと思ったけど、(千原)ジュニアさんがすかさず『ラブドール』って言い換えて…」

 当時のヒヤヒヤぶりを明かすが、今度は真剣な表情で「放送ではただはしゃいでいるように見えますけど、あの方々は善しあしのラインを持っている最高峰のプロ集団なんです!」と身を乗り出して力説した。

 ??しかし、局アナとしての大橋さんのイメージが気になります…

 「出演者やスタッフと信頼関係があるので、下ネタをふられても平気なんです。逆に猫かぶったりすると、東野さんに見破られますから」

 質問に対し表情豊かに答えるが、意外にも生まれ育った神戸では「口べたで人と話すのがイヤで…。自分の殻に閉じこもる時期もありました」

 ??ではなぜアナに?

 「生きているのがしんどくなって、それを克服するために『どうせだったら仕事にしちゃおう』と思ったんです」

 清水の舞台から飛び降りるがごとく、逆境をバネにしてきた大橋アナ。「スポーツ番組の『メガスポ』では、みっちり取材をしているという自負があります。取材もバラエティーもできるアナって、イケてると思いませんか」と笑顔を取り戻すと、「みなさん下ネタって言いますけど私、もう30歳だし、カマトトぶっても気持ち悪いじゃないですか」。

 サービス精神旺盛なコメントの中に、芯の強さが見え隠れした。

★ダンナとゴルフはまってます

 大橋アナは07年1月にヤクルトの城石憲之内野手(35)と結婚。現在、「ダンナのコーチで、ゴルフにはまってます」と明かした。

 「まだコースに5回出たくらい」のキャリアでレッスン場所は主にコース。「いきなりダンナに『お前、パターのセンスないね』と言われたので『そんな言い方ないでしょ! 練習していないんだからしようがないでしょ』って言い返しちゃいました」と夫婦げんか?の内幕を披露。「けどお互いB型だし、あとは引きません。奔放にやってます」と幸せそうな笑顔だった。子供はほしいそうだが、「出産しても仕事は続けます」。(1/31 サンケイスポーツ)

 城石選手は昨シーズンスタメン出場が少なく、打率1割未満と苦しんだ。本業の野球のほうは大丈夫か(´・ω・`)
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 女子アナ
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。