スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

酒井法子

酒井 法子(さかい のりこ、本名:高相(たかそう)法子(旧姓酒井)、1971年2月14日 - )は、日本の元アイドル歌手、女優。堀越高等学校卒業。所属事務所はサンミュージックプロダクション。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。福岡県福岡市出身。血液型はB型。

福岡市に生まれるが、家庭の事情により小学校時代の6年間を埼玉県狭山市で過ごす。6年生の3学期に帰郷して福岡市立大名小学校を卒業。福岡市立舞鶴中学校ではソフトボール部に所属し、3年生になった(クラスは3組出席番号は33番)1985年の夏に9番ライトで県大会準優勝を果たした。

1985年10月26日の「'86ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」(資生堂主催)でBOMB!賞を獲得(グランプリは水谷麻里、準グランプリは岡谷章子、Momoco賞は畠田理恵が受賞)。ただし、当初このコンテストにBOMB!賞なる賞は存在しておらず、実際にはオーディション落選後に、サンミュージックの専務が「『彼女の』才能を試してみたい」、と願い出たことでデビューの運びとなった[1]。BOMB!賞はその際に急遽新設され、11月22日付で贈られている。

同年12月、福岡市から上京し、所属事務所の社長である相澤秀禎宅で下宿生活を始める(福岡市立舞鶴中学校から東京の中学へ転校)。

1986年1月開始の日本テレビ系のテレビドラマ『春風一番!』でデビュー(収録は前年の1985年12月から開始されているので、芸能活動は上京直後からになる)。ほぼ同時に雑誌『Momoco』の「モモコクラブ」のメンバーとなる(桃組出席番号1482番)。その後、4月29日のイベント「'86 MOMOCO PARTY」において開催された「第2回ミスモモコクラブ」オーディションでミスVHD賞を受賞(この時のグランプリは畠田理恵)。これにより当時売り出し中だったビデオディスクであるVHDソフトの発売が決まり、11月21日、『YUPPIE』で世界初のVHDデビューを果たす。このVHDの挿入歌「お願いダーリン」を非公式のデビュー曲とする見方もあるが、正式なレコードデビューは1987年になってからである。同期にBaBe、坂本冬美らがいる。

レコードデビューすると同時に若者を中心に人気を獲得。3枚目のシングル「ノ・レ・な・いTeen-age」で、その年の第18回日本歌謡大賞最優秀放送音楽新人賞を受賞する(同年の第29回日本レコード大賞の最優秀新人賞は立花理佐が受賞)。

キャッチフレーズは「おきゃんなレディ」。デビュー当時のニックネームは「のりっぺ」(福岡での中学生時代のニックネーム)だったが、デビューしてしばらく経ってから「のりピー」と名乗り出す。同時に「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」といった、「のりピー語」を流行させた。

アイドル時代の活動は多岐に渡る。芸能活動のほかにイラストレーター・漫画家(ペンネームは平仮名の“さかいのりこ”)としても活動し、少女漫画雑誌『週刊少女コミック』に漫画の連載を持ったこともある。中学生の頃に自ら生み出したというキャラクター「のりピーちゃん」は、日本自動車工業会の交通安全ポスターにも使われた。また、そのキャラクターグッズも自身のショップ『NORI-P HOUSE』で販売されて人気を博し、当時のタレントショップブームの一翼を担っていた。

1990年代以降、東アジア(台湾、香港、中華人民共和国など)では日本での活躍以上の絶大な人気を誇り、中国語歌唱による楽曲も発表している。1992年5月10日と11日に行われた自身初の海外公演である台北市立総合体育場でのコンサートは、台湾における日本人初のワンマンショーとなった。

その頃から女優としても本格的な活動が始まり、フジテレビ系『ひとつ屋根の下』、日本テレビ系『星の金貨』など、出演したテレビドラマが大ヒットすると同時に、『星の金貨』の主題歌として自ら歌った『碧いうさぎ』がミリオンセラーとなり、1995年、デビュー9年目にして『第46回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。歌唱曲がドラマの主題歌だったこともあり、紅白史上初めて手話を交えて歌った。

1998年にプロサーファー・高相祐一とおめでた婚。プロサーファーと言っているが日本プロサーフィン連盟・JPSAの公認プロとして、一切エントリーされていない。また、世界プロサーフィン連盟日本支局・ASP Japanのランキング一覧にも彼の名前を見つけることはできない。1999年7月18日、長男を出産。現在は1児の母。

2000年に産休から復帰したが、デビュー当時からの担当マネージャーだった溝口伸郎が自殺。

その後、子育てと女優活動を両立しながら2003年にはファッションブランド『PP rikorino』を立ち上げるなど、現在もマルチに活動している。

「主人に勧められて…」。覚せい剤取締法違反(所持)容疑で8日夜、警視庁に逮捕された歌手で女優の酒井法子容疑者(38)が調べに対し、覚せい剤使用を認めたことが9日、分かった。「昨夏ごろから」と、少なくとも約1年前から常習的に使用していた疑いが浮上。東京・新宿区や中央区内で寝泊まりし、山梨県にも行ったことなど逃亡生活の一端も語り始めた。


 逮捕から一夜明けた9日、元アイドルは覚せい剤汚染を認めた。


 「昨年夏ごろ、主人に覚せい剤を勧められて一緒に吸引するようになった」「火であぶったり、パイプで吸い込んだりして使用していた」


 警視庁によると、酒井容疑者は調べにこう供述を始めた。「あぶり、やりました」と俗語の供述も。一方で「深く反省している」と口にし、涙を見せる場面もあった。


 また、同じ容疑で現行犯逮捕された夫で自称プロサーファー、高相祐一容疑者(41)が調べに「夫婦でやっていた。私が勧めた」と供述していることも新たに判明。東京湾岸署で取り調べを受けている妻と、渋谷署にいる夫の供述内容が一致したことになる。


 警視庁は高相容疑者を逮捕した3日、東京・南青山の酒井容疑者の自宅マンションを捜索。化粧ポーチから微量の覚せい剤とともに、数十本のストローなど吸引器具が押収された。逮捕容疑は覚せい剤0.008グラムの所持だが、この量は常用者が1回で使う平均量約0.03グラムに満たず、使用後の残りだった疑いが濃厚だ。採尿検査では陰性だったが、常用についても裏付け捜査を進める。


 失踪6日目の逮捕。逮捕直後はこの間の足取りについて「言いたくない」としてきたが、この日は「主人の逮捕で気が動転し、泊まり歩いた」と少しずつ話し始めた。東京・新宿区内や中央区内で寝泊まりし、4日に携帯電話の電波が確認された山梨県にも、実際に行ったと明かした。


 長男(10)を預けた知人女性に都内から現金入りの郵便物を送っていたことや東京駅近くのATM(現金自動預払機)で2回にわたり計40万円を引き出したことも判明。逃亡生活の中心は都内だった。潜伏の“協力者”についても調べを急ぐ。


 長男を預けた女性は「高相容疑者と極めて親しい人物」(業界関係者)との情報もある。


 酒井容疑者は「(4日に)捜索願が出されたことをテレビで知り、ビックリした」とも。知人に依頼して夫がいる渋谷署や捜索願が出された赤坂署の様子を見に行ってもらったが、多くのマスコミが詰めかけていることを知り、「どうすればいいんだろうと思った」。


 さらに「(7日に)逮捕状のニュースがテレビのテロップで出て『これは大変だ。出頭したい』と思い、仲介者を通じて弁護士に連絡してもらった」との趣旨の供述も。


 ただ、捜索願提出を知っても所属事務所などに連絡をした形跡がないこと、逮捕状のニュースから出頭まで1日以上経過していることなど不自然な点は多い。覚せい剤の入手ルートを含め、ナゾはまだ残されている。


【事件の概要】


 3日未明、夫の高相容疑者が東京・渋谷区の路上で覚せい剤所持で現行犯逮捕。酒井容疑者は、職務質問された夫から電話で呼び出され「社長」と呼ばれる知人男性と一緒に現場に駆け付けたが、尿検査や任意同行を拒否して立ち去り、その後行方不明となった。高相容疑者が「妻も覚せい剤を使った」などと供述し、警視庁は7日に逮捕状を取得。8日午後7時55分に文京区の警視庁富坂庁舎に弁護士や親族に付き添われて出頭し、逮捕。渋谷署で聴取後、東京湾岸署に留置された。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 気になる芸能人
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。