スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

中川翔子 初の香港ライヴ開催!観客1万人集結で「ギザ香港ギザ多謝」

中川翔子初の香港ライヴが行なわれた。

8月1日20時より香港コンベンションセンターで行なわれたライヴに、しょこたんのパフォーマンス、歌声を聴こうと集まった香港人な1万人。しょこたんが登場するや歓声で会場が揺れるほどだった。

【関連写真】中川翔子、初の香港ライヴに1万人結集、「ギザ香港ギザ多謝」 ?写真編?

彼女が出演するエッセンシャルのCMが現地で流れたり、彼女が表紙を飾る日本雑誌が売られ、そしてウェブで日々更新されるブログへの関心から、香港での彼女の認知度は急上昇中である。

そんな香港人が待ちに待ったライヴのオープニング曲は、香港でも大人気のエヴァンゲリオン主題歌「残酷な天使のテーゼ」。曲を歌い終わり、大歓声の中の MCでは、流暢な広東語で自己紹介を行ない、会場から驚きの声があがった。広東語は本当にマスターするのが難しいが、彼女の広東語は通訳も太鼓判を押すほどだった。プライベートでは何十回も香港に来ているほどの香港フリークなのだ。

2曲目は「空色デイズ」。曲の間奏部分では、香港といえばブルース・リーでお馴染みのヌンチャクをしょこたんが披露。しょこたんがネ申と崇めるブルース・リーへのリスペクト・ヌンチャクプレイに、会場のボルテージは最高潮へ。

3曲目で「心のアンテナ」、4曲目は「snow tears」を披露。「アニソンが世界の懸け橋になれば嬉しい」と広東語で話し、1万人としょこたん語での「ギザ」「ギガント」のコールアンドレスポンスも行なわれ、彼女と1万人の香港人の心の交流は実りあるものとなった。

最後の曲「涙の種、笑顔の花」で締めくくり、満足度満点の歓声に見送られながら、中川翔子はステージを後にした。

夕方に行なわれたサイン会には対象150人に対して3000人が駆けつけ、彼女と握手して泣き出す子も多数出てくる状況。印象的なのは、彼女に一生懸命日本語で気持ちを伝える香港ファンの熱さだった。

ライヴの感想やサイン会での心境など早くも自身の「しょこたん♥ぶろぐ」で紹介され、日本に帰ってからも貪欲に香港記をアップすると張り切る、ギザ多謝なしょこたんである。

中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性アイドル、マルチタレント(ブロガー、歌手、タレント、グラビアアイドル、漫画家、声優、イラストレーター、女優)である。東京都中野区出身。左利き。座右の銘は「貪欲(どんよく)」。デビュー時の年齢(16歳)にちなみ、年齢は「16歳○○ヶ月」と自称している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090802-00000615-bark-musi
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 女性タレント
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。