スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

酒井法子容疑者、覚醒剤使用の疑い強まる

女優の酒井法子容疑者(38)=本名・高相法子=に逮捕状が出た事件で、酒井容疑者の自宅マンションから押収された覚醒(かくせい)剤の吸引器具の付着物のDNA型が、酒井容疑者のものと一致したことが8日、分かった。捜査関係者が明らかにした。警視庁は酒井容疑者が覚醒剤の所持だけでなく使用していた疑いがあるとして、行方を追っている。

 警視庁の調べでは、東京都港区南青山の酒井容疑者の自宅から、微量の覚醒剤とパイプなどの吸引器具が見つかった。覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された酒井容疑者の夫の自称プロサーファー、高相祐一容疑者(41)が「(見つかったのは)自分のものではない。妻もやっていた」と供述。警視庁は覚醒剤は酒井容疑者のものだっと判断し、覚醒剤の所持容疑で逮捕状を取ったが、吸引器具に付着したDNA型が一致したことで、覚醒剤を使用していた疑いも強まった。

 酒井容疑者は夫が逮捕された3日未明から行方が分からなくなっているが、覚醒剤と吸引器具は化粧品ポーチに入った状態で見つかっていた。逃走前には自宅に立ち寄ったとみられることから、警視庁は酒井容疑者が慌てて逃げたとみている。

 酒井容疑者は4日夕に山梨県身延町で携帯電話の電波が検知されたのを最後に足取りが途絶えている。5日には公衆電話から長男(10)を預けていた知人に電話しているが、居場所は明らかにしていなかった。

 警視庁は、酒井容疑者が現在も山梨県にいる可能性があるとみており、すでに山梨県に捜査員数人を派遣。県警と連携して立ち寄りそうな場所などを集中的に捜査している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090808-00000518-san-soci
女優の酒井法子容疑者(38)に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出た事件で、同容疑者宅にあった覚せい剤は化粧品のポーチに入っており、捜査員がすぐに発見していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。
 吸引器具の付着物のDNA型も酒井容疑者のものと一致。行方をくらます前、自宅に立ち寄ったとみられ、警視庁はかなり慌てて逃走したとみて行方を追っている。
 捜査関係者によると、酒井容疑者の夫で自称プロサーファーの高相祐一容疑者(41)は3日未明、東京都渋谷区の路上で、覚せい剤を所持したとして現行犯逮捕された。
 電話連絡を受け、酒井容疑者は駆け付けて警察官と応対した後、現場から姿を消した。
 酒井容疑者は高相容疑者の住居とは別に、港区南青山のマンション一室に居住。酒井容疑者はいったん同室に立ち寄った後、逃走したとみられる。
 その後、警視庁が同室を家宅捜索したところ、すぐに化粧品のポーチに無造作に入れられた微量の覚せい剤を見つけて押収したという。
 同庁が高相容疑者にただしたところ、「自分も部屋に出入りするが、この覚せい剤は自分のものではない」と説明した。吸引器具も見つかり、付着物を鑑定したところ、DNA型が酒井容疑者のものと一致したという。
スポンサーサイト
            関連画像
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。