スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

ショーケン、7年ぶり新曲レコーディング!

俳優兼歌手の萩原健一(59)が、7年ぶりに新曲をレコーディングし、音楽活動を本格的に再開したことが10日、分かった。曲は河島英五さん(享年48)が1986年に発売した名曲「時代おくれ」で、11月4日に携帯・ネットでの配信がスタート。現場では、間奏で英語のアドリブを入れるなど“萩原節”が健在で、「今が体調も気力も最高の状態!」と燃えている。




♪一日二杯の酒を飲み…。時代おくれと言われながらも、懸命に生きるオヤジたちを魅了した名曲が、ショーケンの声とともに甦る。

 萩原にとって、新曲は2002年の「泣けるわけがないだろう」以来で7年ぶりとなる。このほど都内で行われたレコーディングでは、間奏の際に英語のアドリブを入れるシーンなどもあり、往年の“やんちゃ”なショーケンらしい現場に。旧知の音楽仲間たちと和気あいあいの雰囲気で進んだ。萩原本人も「体調も気力も最高の状態」と強調し、久しぶりのレコーディングを堪能した様子だったという。

 「時代おくれ」は現在もカラオケなどで愛唱されている。関係者は、同曲を作詞した阿久悠さん(享年70)へのトリビュート(賞賛)の一環と位置づけており、「迷うことなく、今この楽曲を歌えるのは萩原健一しかいないという結論に至った」と話す。

 萩原はかつて、知人の紹介で阿久さんを訪ねたことがあったという。阿久さんは大いに喜び、それからしばらくして「時代おくれ」(作曲は森田公一さん)が発表された。萩原との出会いが、阿久さんに何らかの影響を与えたのではと、この関係者はみている。

 今回プロデューサーを務めたミューズ・プランニングの新田博邦代表は「萩原健一の新しいステージを飾るにふさわしい楽曲だと思います」と満足げで、「新時代に合わせて11月4日から配信形式でリリースします。携帯はレコチョク。パソコンはアイチューン。(CDなどの)パッケージは考えていません」と明かした。

 13日放送のフジテレビ系「ザ・ノンフィクション」(日曜後1・45)は「ショーケンという孤独」と題して萩原をとりあげる。来年には全国ツアーを行う話も進んでいるといい、波乱の半生を歩んできたショーケンがついに時代に追いつき、追い越すことになる。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/new_release/?1252639204

萩原 健一(はぎわら けんいち、本名・萩原 敬三、1950年7月26日 - )は、日本の俳優・歌手。埼玉県与野市(現:さいたま市中央区)出身。ニックネームは「ショーケン」。由来はデビュー前の不良仲間、ダイケン、チューケン、ショーケンから。元ザ・テンプターズ、PYGのリード・ヴォーカル (PYGは沢田研二とのツイン・ヴォーカル)。血液型O型。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。