スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

酒井法子被告追起訴、保釈金は1000万円

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴されている女優で歌手、酒井法子被告(38)が11日、鹿児島・奄美大島で覚せい剤をあぶって吸ったとして、同所での使用の罪で追起訴された。これで捜査は終了したとみられる。「保釈されたくない」と供述していた酒井被告だが、週明けに親族から保釈請求が出される可能性が浮上。法曹関係者によると、保釈金は1000万円になるという。離れ離れで生活する長男(10)との再会は実現するのか?。

午後1時過ぎ。酒井被告を乗せたワゴン車が、東京・霞が関の東京地検に入っていく。後部座席はカーテンで隠され、その表情を垣間見ることはできなかった。

 酒井被告は、7月30日ごろに夫の高相祐一被告(41)、長男と訪れていた奄美大島のホテル客室で若干量の覚せい剤を使用したとして追起訴された。併せてこの日、高相被告も千葉・勝浦の別荘で覚せい剤を所持した罪で追起訴された。酒井被告が自宅で覚せい剤を使用した疑いについては起訴猶予処分となり、一連の捜査はこれで終結する。

 身柄は今後、東京湾岸署から東京拘置所に移送される見通し。酒井被告は供述で「今出ても騒がれて、息子にもすぐ会えない。もうしばらく我慢して、落ち着いたころに出たい」と保釈を嫌がっている。だが、関係者によると、約40日間も母親と会っていない長男を案じ、酒井被告の継母(62)や夫の両親が担当弁護士を通じて保釈を請求を出す動きもあるという。

 本人の意思にかかわらず、裁判所が請求を認めれば保釈される酒井被告。身元引受人が誰になるかにもよるが、夫の両親になった場合、裁判所へ届け出る住所地は夫の両親の実家が近い東京・南青山の自宅マンションが有力だ。合成麻薬MDMAの使用の罪で起訴された俳優、押尾学被告(31)が保釈された際には連日、東京・多摩の実家に報道陣が詰めかける騒ぎとなったが、今回は大都会のド真ん中が“舞台”だけに、大パニックは必至。

 東京地検などで検事を務め、ワイドショーのコメンテーターとしても活躍する大澤秀征弁護士は、保釈保証金について「本人が“痛み”を感じるかが金額の基準。彼女の生活レベルなら、1000万円台の可能性もあります」とみる。

 さらに、「本人以外でも保釈請求できます。ただ、本人が保釈されたくないと言っている以上、出さない方がいいでしょう。使用の罪も加わったので、検察は証拠隠滅の可能性を主張することができる。裁判所も保釈を認めないと思います」と指摘する。

 果たして、長男との対面は実現するのか。酒井被告の薬物事件を巡り、1カ月以上も続く騒動が新たな局面を迎えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000030-sanspo-ent
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。