スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

押尾被告、いまだ謝罪なし…死亡女性母親が悲痛「事実知りたい」

合成麻薬MDMAを飲んだとして麻薬取締法違反(使用)の罪で起訴、保釈された俳優・押尾学被告(31)と同じ部屋に一緒にいて亡くなった東京・銀座の飲食店従業員の女性(30)の三十五日法要が5日午後、岐阜県内の実家でしめやかに営まれた。地元では四十九日法要よりも三十五日法要を重視しており、近親者や近所の住民など約20人が参列した。

 女性の母親は前日4日夜、玄関口で約15分、スポーツ報知の取材に応じ「(押尾被告から)今までに謝罪どころか1本の連絡もない」と、保釈後も押尾被告から謝罪がないことを明らかにした。弁護士や前所属事務所のエイベックスからも、連絡は来ていないという。

 事件現場から立ち去った押尾被告に対する怒りはもちろんだが、事件から1か月がたったにもかかわらず、亡くなった現場にいまだ謎が多いことに不満を募らせている。女性が亡くなってから、押尾被告に呼ばれて駆け付けた知人が119番通報するまでの3時間に何が起こったのか、なぜ、女性の携帯電話がマンション前の植え込みで見つかったのか―。「私たちには何も知らされない。とにかく何があったのか、事実を知りたい」。努めて冷静に語った。

 押尾被告に対する民事提訴については、「アドバイスというか、こういうこともできるんじゃない?という話は娘の知り合いの方から聞いた」としつつ、「(三十五日)法要が終わるまでは、まだそこまでは考えられない状況です」とした。

 押尾被告が過ごしている東京・多摩市の実家マンションは、この日もひっそりとしたままだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090906-00000022-sph-ent
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。