スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

酒井被告「奄美でも吸った」…再逮捕さらに高まる

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)が、東京・南青山の自宅だけでなく、鹿児島・奄美大島でも覚せい剤を使用していたことが2日、分かった。奄美は7月20?30日に家族旅行で訪れており、自宅で使用したとされる同5日以降も覚せい剤を吸っていたことになる。警視庁は、同被告が奄美で使用した覚せい剤の検出を恐れ、逃亡した可能性もあるとみて捜査中。再逮捕の可能性もさらに高まってきた。

 酒井被告が、千葉・勝浦の別荘だけでなく、奄美の件での再逮捕も現実味を帯びてきた。

 テレビ朝日などによると、同被告は「7月下旬に、旅行先の奄美大島でも覚せい剤を吸った」と新たに供述。覚せい剤については「夫が用意したものを吸った」と話しているという。

 夫の高相祐一容疑者(41)も「奄美大島のホテルに、覚せい剤を吸えるように置いておいた」と供述。日テレによると、「奄美大島のレイブ(野外音楽イベント)会場で覚せい剤などを拾った」と話しており、警視庁は裏付け捜査を進めている。

 酒井被告は8月3日から8日に出頭するまでの6日間を「覚せい剤を抜くための逃走だった」と認めている。7月31日、8月1日に滞在した勝浦の別荘でも夫婦で覚せい剤を使ったとみられ、高相容疑者は別荘での覚せい剤所持容疑で再逮捕。夫婦での共同所持とみなされれば、酒井被告も再逮捕は避けられない。

 TBSによると、酒井被告は「覚せい剤は子供がいないときに使っていた」とし、勝浦では「長男が林間学校に泊まりがけで行っていて、いなかった」という趣旨の供述をしているという。しかし、小学4年の長男(10)が通う学校関係者は「4年生の夏休み中に林間学校はない」としている。

 逮捕後の尿検査で覚せい剤反応が出なかった酒井被告。使用後10日から2週間は反応が出ると言われており、“シロ”を狙って逃走していたとすれば、奄美や勝浦滞在時に使用していた可能性が高い。「勝浦よりも奄美の(再逮捕の)方が先になるだろう」と話す捜査関係者もいるという。

 拘置中の酒井被告は、何よりも新学期が始まった長男を心配し、「子供に会いたい」と話しているという。その愛息と訪れた皆既日食シーズンの奄美での愚行が、さらに罪を深くしようとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090903-00000053-sph-ent
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。