スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

酒井法子被告「逮捕されて良かった」

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、「あのままだと覚せい剤をやり続けていた。逮捕されて良かった」と供述していることが9月1日、分かった。警視庁は、最近も覚せい剤を使用していたとみて、裏付けのため同法違反容疑で再逮捕された夫、高相祐一容疑者(41)の拘置期限を延長する見通し。小学4年生の長男(10)はこの日、新学期を迎えた。


 「夫と私は精神的に弱い人間です。あのままだと覚せい剤をやり続けていたと思うので、逮捕されて良かった」


 この日、両親とも拘留されたまま新学期を迎えた愛息への後悔の思いがよぎったのか。TBSの報道によると、酒井被告は猛省を口にし、さらに「覚せい剤を使い始めて半年経ったころ、やめようと思い、夫の覚せい剤をトイレに流した」とも供述。「やめたかった」という思いと、更生したい思いを強調した。


 所属事務所は解雇された。今後はまじめに更生の道を進み、息子のためにも早く社会復帰しなければならない。だが、更生には、同じく覚せい剤取締法違反で逮捕された夫の協力が不可欠だ。


 「夫に勧められて…」快楽の世界におぼれていった酒井被告。これまで「やめようと思ったが、やめられなかった」と供述しており、半年前から別居状態の夫とは“薬”が絆でつながっていた。


 酒井被告は逃亡中、同行した継母に「離婚して、子供と(継母の)3人で静かに暮らしたい」と離婚の意思を漏らしていた。覚せい剤をやめたいという気持ちは、確かにあったのかもしれない。だが、これだけボロボロになることが分かっていながら、やめられなかった被告の姿は、薬の怖さを物語る。


 警視庁は酒井被告が最近も覚せい剤を使っていた疑いがあるとみて、9月2日に切れる夫の拘置期限を延長、2人をさらに追及する方針だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090902-00000032-sanspo-ent
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。