スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

押尾学事件麻薬取締法違反の起訴だけに対してメディアに抗議殺到

合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反で起訴された押尾学(31)の処分に対し、マスコミに抗議の電話が急増しているという。六本木ヒルズのマンションの一室で、銀座ホステスのT・Kさんが、変死体で発見されたにもかかわらず当局が立件しない意向を示しているためだ。
「テレビ、新聞などのメディアに対する抗議の電話は2通りです。ひとつは押尾がTさんが変調をきたしていたのに救急車を呼ばず、逃げてしまったことに対する保護責任者遺棄罪もしくは遺棄致死罪での立件を見送ったこと。もうひとつはメディアが酒井法子のことばかり取り上げて、事件としてはより深刻な押尾を取り上げないこと。視聴者や読者もあまりの偏向ぶりに呆れているのです」(マスコミ関係者)
 押尾事件についてはメディアの間でも、「あまり取り上げない方がいいよ」といった不穏な声が水面下で交わされて、メディアの当事者が及び腰になっているほど。実際のところネットなどでは政財界、元官僚、音楽関係者、パチンコや風俗といったレジャー産業の面々、クラブ経営者らの実名の関係者リストが流れて押尾の麻薬事件どころではない状態なのだ。
 事件の本質はどこにあるのか。それを追及しないことにはラチがあかないという奇妙な事件という見方もできる。それでも……。
「とにかくTさんが勤めていた銀座のクラブに押尾が誰と行ったか、交友関係や事件前後の足取りはどうか、MDMAは誰が持ってきたものかといった基本的なことがわかっていない。今のままでは、これだけのスキャンダルだから、誰もが納得しないのでは……」(別のマスコミ関係者)
 もっとも、捜査関係者は死人が出た事件だけにもっと追及したいのはやまやまだという。それでも動かないのは組織の問題やら、選挙が絡んでいるからだという。「選挙の結果が出たら急展開する可能性がある」と指摘する声もある。
 とにかくTさんのためにも納得のいく捜査や報道を願うばかり。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000509-sanspo-ent
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。