スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

酒井容疑者28日起訴へ「使った後の残りだが、また使うために持っていた」

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された女優の酒井法子容疑者(38)が、自宅マンションで見つかった微量の覚せい剤について「使った後の残りだが、また使うために持っていた」との趣旨の供述をしていることが26日、捜査関係者の話で分かった。東京地検は、追送検された自宅での覚せい剤使用の罪と併せて起訴する方向で検討しており、拘置期限の28日までに最終判断する。

 一時は不起訴との見方もあった酒井容疑者だが、徐々にウソがばれて追いつめられ、28日までに起訴されることがほぼ確実となった。

 東京・南青山の自宅マンションで見つかった覚せい剤は0・008グラム。常用者が1回で使う平均量(約0・03グラム)に満たない微量だったが、地検などは覚せい剤がアルミ箔(はく)で丁寧に包まれていたことを重視。酒井容疑者の供述と合わせ「所持罪での起訴は十分可能」とみている模様だ。

 また、24日に追送検された「使用」についても、尿鑑定で覚せい剤反応が出なかったことから立件は難しいとの指摘もあったが、毛髪鑑定でわずかながら陽性反応を検出。

 酒井容疑者も「夫に勧められて3、4年前から覚せい剤を使い始めた」「(逮捕前には)覚せい剤を抜くために逃走した」などと供述しており、地検は起訴に向けた裏付け捜査を進めている。

 捜査関係者によると、酒井容疑者が覚せい剤を自宅で使ったのは7月上旬で、同5日との情報もある。夫の高相祐一容疑者(41)がイラン人から購入し、酒井容疑者に渡したものだったことも新たに判明した。

 高相容疑者は「約4年前から覚せい剤を妻に勧め、何回も使った」と供述。酒井容疑者に覚せい剤を使いすぎないよう注意することもあり、フジテレビによると「妻には覚せい剤を『やめろ』と言っていた」とも話しているという。酒井容疑者も「やめろ」と言われたことを認めている模様で、常習の可能性がさらに高まった。

 また、日テレによると、夫婦間で最近交わした携帯電話のメールに、覚せい剤に関するやり取りがあったという。酒井容疑者は8日、自分の携帯電話を「壊れたので捨てた」と持たずに出頭。メールの記録を調べた警視庁は、酒井容疑者が覚せい剤に関する証拠を隠すために携帯電話を自分で壊し、捨てた可能性もあるとみて、捜査を進めている。一部で発見されたと報じられた携帯電話は現在も見つかっていない模様だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090827-00000009-sph-ent
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

ああ、無念

酒井さんはもう、芸能界復帰が出来ないのではないかと思うと・・・
残念だ(泣)
line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。