スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

事務所やっと軌道修正…酒井“強制引退”、FC解散へ

覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された歌手で女優の酒井法子容疑者(38)に、所属事務所サンミュージックから“強制引退”処分が近く下されることになった。

 酒井容疑者の処遇をめぐっては所属事務所も二転三転してきた。相澤正久社長(60)は9日の会見で「起訴されれば」と、いわば条件付きの解雇を検討していることを明らかにしたが、これに世論は「社会をあげて撲滅を目指している覚醒剤使用なのに甘すぎる」と猛反発。これを受け、社長に極めて近い事務所幹部は12日になって「起訴されなくても芸能活動は許されない」と軌道修正した。

 東京・南青山の自宅マンションで押収された覚醒剤は0.008グラムと微量で、尿検査でも陽性反応はなかったため、酒井容疑者には起訴猶予もしくは不起訴になる可能性も指摘されている。この幹部は「解雇処分は捜査結果が明らかになってから発表する」と前置きした上で、「起訴されなくても芸能活動は許されないだろうし、難しい」と、司法の判断とは関係なく芸能界から強制的に引退させる方針を明らかにした。

 「解雇は役員で話し合いを重ね、様子を見ながらになると思うけど、酒井本人も無理だと分かっているんじゃないかな」(幹部)と、酒井容疑者も納得するだろうとの見解を示した。

 強制的引退の方針が固まったことで、ファンクラブ解散へ向けての手続きが始まっている。最近の会員数は約200人だが、日本のみならず台湾、香港、中国でもブレークした1990年代後半のアイドル全盛期時代には約3万人の会員数を誇っていた。

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された酒井法子容疑者の夫で、同容疑で逮捕された自称プロサーファー、高相祐一容疑者(41)について、警視庁は覚醒剤の使用容疑で追送検する方針を固めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090813-00000020-ykf-ent

スポンサーサイト
            関連画像
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。