スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

元接客業の死亡女性と押尾容疑者 客として知り合っていた?麻薬取締法違反で送検中

 俳優でミュージシャンの押尾学容疑者(31)が合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、同容疑者と東京都港区の六本木ヒルズのマンション一室で死亡した30代の女性は、女性が接客の仕事をしていた際に知り合った疑いのあることが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁麻布署は同日午前、同容疑者を送検した。薬物の入手ルートとともに女性死亡の経緯も調べる。
 捜査関係者によると、女性は死亡時、無職だったが、以前は接客の仕事をしており、客だった押尾容疑者と知り合った。女性が死亡した部屋は同容疑者の関係者が借りていたが、同容疑者は自由に出入りでき、女性と一緒にいたとみられる。
 同容疑者は調べに対し、女性について「知人だった」と供述しているという。 

妻の女優矢田亜希子(30)と息子(1)の住む川崎市の自宅マンションも捜索された。矢田の所属事務所はこの日、文書でコメントを発表して、夫妻が半年前から別居状態だったと明かした。参考人聴取を確実視される中、矢田は離婚を決意しているもようだ。

 押尾容疑者と矢田が暮らした自宅前には早朝から約50人の報道陣が駆けつけた。5人の捜査員が自宅を訪れたのは午後4時30分ごろで、約40分の捜索を行った。

 この日午後には矢田の事務所が文書を発表。押尾容疑者の事件について、矢田はまったく予想しておらず、「寝耳に水の状態で大きなショックを受けると同時に悲しみを覚えている」という。食事ものどを通らずに心身ともに弱っているが、「妻としての責任も感じている」という。半年ほど前から、押尾が自宅を出る形で別居していたことも明かした。近所の主婦によると、3カ月ほど前に近所の公園で子どもをブランコで遊ばせている夫婦の姿が目撃されており、押尾容疑者は別居後も何度か自宅に戻っていたようだ。

 警視庁内で妻への参考人聴取が検討される中、別居半年後に迎えた夫の裏切りに、矢田は離婚への決意を固めたもようだ。関係者によると、そもそも別居の背景には女性問題があった。矢田は当初、家族や仕事関係者の反対を押し切って結婚に踏み切ったこともあり、別居はしても離婚への踏ん切りまではつかなかった。しかし、夫の逮捕を受け、子どもとの平穏な生活を守るためにも離婚を選択する意向という。

 2人の交際が発覚したのは05年8月。周囲の視線を気にせず堂々とデートを重ねていたが、当時トップ女優の矢田の事務所は、すぐに結婚を認めるわけにはいかなかった。だが、矢田は周囲に「女優に未練はない。やめても構わない」と話すなど仕事よりも愛を貫いた。交際中には、押尾容疑者の浮気が何度も報じられた。「結婚したらしたで、『今度はいつ別れるんだ』と騒がれるんでしょう」と同容疑者が弱音をもらすこともあったが、06年11月に周囲の反対を押し切って結婚。その1年後には念願の長男を授かった。

 今回の事件の事実関係が確認できた段階で、矢田と所属事務所は「今後の方向を考えていく」としている。結婚前の押尾容疑者が懸念した「いつ別れるんだと騒がれる」が現実になってしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000032-jij-soci
俳優で歌手、押尾学(31)が、合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬および向精神薬取締法違反容疑で警視庁麻布署に逮捕された事件で、同署は4日、同法違反容疑で川崎・高津区の押尾容疑者の自宅や、死亡した30代女性と一緒にいた東京・六本木の高級マンションなどを家宅捜索した。容疑者は女性について「知人だった」と供述。


 捜査関係者によると、死亡した女性は、ウイスキーなどボトルキープは1本約6万円からという東京・銀座8丁目の高級クラブで働いていた人気ホステスとみられる。店長は死亡した女性について「知りません」と説明。容疑者の来店についても同様に返答した。


 また、銀座のクラブや捜査関係者の話を総合すると、女性は岐阜県出身のスレンダー美人。かつて東京・歌舞伎町でキャバクラ嬢として人気となり、六本木から銀座へと職場を変えた。銀座のキャバクラ勤務の女性(23)は「キャバ嬢の“エリートコース”を歩んでいた人」と話しており、容疑者とは2年前に六本木の店で知り合ったという。
スポンサーサイト
            関連画像
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

矢田亜希子離婚決意 愛の巣も家宅捜索

まさに「裏切られた」という思いしかないだろう。

「妻としての責任」を痛感しているようだがそんな思いは捨てて早く「第2の人生」へ進んだ方がいいと思うよ。
line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。