スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

スザンヌ 流出

スザンヌ(本名:山本 紗衣(やまもと さえ)、1986年10月28日 - )は、日本のグラビアアイドル、歌手。歌手グループPabo・アラジンのメンバー。熊本県出身。ケイダッシュステージ所属。愛称は「スーちゃん」、「スーザン」。

* 熊本県鹿本郡植木町に生まれ、幼稚園の年長の頃熊本市に移住[1]。14歳の頃、熊本市の中心街下通でモデルのスカウトを受ける[1]。福岡の第一経済大学付属高等学校(現・第一薬科大学付属高等学校)を中退後芸能界デビューする。デビュー当時は福岡市の芸能事務所に所属し、モデル、ローカルタレントとして、福岡を中心に活動。RKB毎日放送の深夜番組『MTM』に出演した際、RKBのプロデューサーから声が掛かり、現在の事務所に移籍するために2006年春に上京した。福岡時代は引っ越しのアルバイトにも励む日々であったという。
* 2006年MXテレビのブログ番組『blog TV』木曜日22:00生放送で「スザンヌのこれ見てネット」コーナー担当。
* 2006年末、フジテレビの深夜番組『グラビアトークオーディション』に出演し、短い出演期間ながらハキハキとした明るいキャラクターを見せ、同局プロデューサーに見出されて同局のバラエティ番組に起用される。
* 2007年3月2日より、アイドルグループ中野腐女子シスターズのメンバーに健康オタク担当として加入。(2008年3月15日卒業)
* 2007年5月に『クイズ!ヘキサゴンII』に初出演すると、そのおバカな珍解答振りによってレギュラー解答者となり「おバカタレント」としてブレイク。その後バラエティ番組での仕事が増えるようになる。同年9月ヘキサゴンの企画ユニットPabo(里田まい・木下優樹菜と参加)のメンバーとしてCDデビュー。
* 2008年4月からフジテレビ系列で放映された連続ドラマ『無理な恋愛』で女優デビュー。

小さい頃は大人しく手のかからない子供だった。母親はかつてはモデルをしていたこともあり、現在は地元の熊本市で「キャサリン's BAR」という飲食店[2]を営んでいる。ヘキサゴン2008年2月13日放送分では「母が調子に乗って(勝手に)『ザ・ヘキサゴン』というカクテルを作った」と語っていた。「キャサリン」とは母親・清美を指しており、由来は実名の「キヨミ」の「キ」から取ったと『クイズ!ヘキサゴンII』で述べている。父親(実父ではなく再婚相手なので継父)は競輪選手の藤本博之[3](家族からはヴァンダムと呼ばれている。由来はジャン・クロード・ヴァンダムから)。祖母は「ナンシー(本名:ナヲミ)」。妹は「マーガリン(本名:真央)」といい、『テレビタミン』(熊本県民テレビ)のスペシャルゲストリポーターとして活動している。なお、ふたりの芸名はスザンヌによる命名ではない。母とは2007年10月10日放送の『ヘキサゴンII・おバカの親はおバカ? 父母参観SP』で共演した(祖母、妹は客席で観戦。番組冒頭で本人が紹介し、紳助が姉同様の知的レベルかどうか妹に尋ね、姉の分まで吸収した旨を返答するやりとりがあった)。 幼少の頃から、おバカキャラの傾向があり、本田技研を都道府県の名前だと思い込んでいたり、「熊本で確実に受かる高校が無い」と言われて福岡の高校へ進学した、などのエピソードがある。一方、興味のあることには普段の彼女からは考えられない記憶力と集中力があり、デビュー前は漠然と「芸術関係で食っていこう」と考えていた[4]。

『九州青春銀行』で共演する小倉優子、相沢まき、『ヘキサゴンII』で共演する里田まい、misono、木下優樹菜、そしてアーティストのYUI[5][6]と親しく、また中村知世は第一経済大学付属高等学校芸能科の同級生(ただしスザンヌは2年生の途中で中退)。いいとも青年隊の植野堀まこととは、同郷の隣の中学校で同じ塾仲間である。競輪選手の合志正臣と同じ小学校に通っていた。

カラオケは大好き、しかし、カラオケ以外で歌を歌うことは苦手[7]。

読書家であり、自分がその日購入した本や、その本の感想を自身のブログで発表することがある。ミステリーや恋愛小説を好むが、難解な字は適当に読むこともある[1]。健康維持のために青汁を飲むのが日課となっている[1]。

故郷のJリーグチーム ロアッソ熊本の大ファンで、試合結果は欠かさずチェックしている。

ロックバンドTHE イナズマ戦隊の楽曲『Oh!スザンヌ』のモデルにもなっており、彼らのイベントにも飛び入り参加した。なお『Oh!スザンヌ』はファースト写真集のタイトルにも使われている。

大学に憧れがあり、高校を中退しているが、大学に行きたいといろいろな番組で発言している。

2007年5月2日放送分で初出演。その際「予選ペーパーテスト」では最下位となり、クイズ本編では珍解答を連発し司会者島田紳助に同チームのおバカタレントで同じ九州出身の福田沙紀、香田晋と合わせて「3枚ストッパー」と評された。そして即座に準レギュラーとして定着し、その後里田まい、つるの剛士、木下優樹菜、上地雄輔、野久保直樹と共に「ヘキサゴンおバカ6人組」と呼ばれるようになりおバカタレントの代表格としてバラエティ番組の仕事が増えるようになる。

同じバカキャラの準レギュラー里田、木下と共にユニットを結成し夏のキャンペーンソング『恋のヘキサゴン』を歌い、2007年9月12日放送分でユニット名が「Pabo」と発表され同年9月26日にシングルが発売された。その後つるの、上地、野久保のユニット「羞恥心」と合体し新ユニット「アラジン」として新曲『陽は、また昇る』を歌う事を2008年7月3日にオリコンとヘキサゴン携帯サイトで発表され、同年7月30日にシングルが発売された。その後同年9月17日放送分で『天下無敵の一発屋2008』を発表(Paboはコーラスとして参加)、同年10月8日放送分でPaboとしての2曲目の曲『グリーンフラッシュ伝説』を発表した。共に2008年10月22日発売の『WE LOVE ヘキサゴン』に収録されている。また2009年4月8日放送分で品川庄司の庄司智春とユニット「トモとスザンヌ」を結成し、同年5月20日にシングル『出会えてよかった』を発売した。

予選ペーパーテストは初出演から6回連続最下位で里田に代わる新たな最下位常連となったが2007年7月25日放送分では18点(13位)と当時の自己最高点を更新し上記の「おバカ6人組」から1位抜けを果たす。その後の放送からは徐々に最下位はなくなっていき、2007年12月19日放送分では20点と自己最高点を更新し初めて中位(12位)入りし脳解明クイズでは初めて観覧側に回った。しかし2008年6月18日放送分では約8ヶ月ぶりに最下位となり、2008年下半期頃からはPaboの残りの2人とmisonoと共に再び最下位争いの常連となった。

尚、「ちゃんと出題できるかな!? アナウンスクイズ」を得意としており数回、野久保の記録である120点に迫る110点を叩き出した事がある。

2008年10月4日に行われたヘキサゴンファミリーコンサート『クイズ!ヘキサゴンII ヒットパレード』では、自身がヘキサゴン出演以前から参加しており同年の3月に卒業したユニット「中野腐女子シスターズ」のメンバーがゲストとして登場しスザンヌのソロ曲の際に「Go! Fight! 腐女子シスターズ」を披露した。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 気になる芸能人
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。