スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

小倉 優子 流出

小倉 優子(おぐら ゆうこ、1983年11月1日 - )は、日本のグラビアアイドル、女性タレント、バラエティアイドル。アヴィラ所属。法政大学文学部中退。

1983年11月1日、千葉県茂原市の生まれ。また本人はこりん星出身であると自称している。

2000年、現役高校生の頃に現所属事務所にスカウトされ、男性誌グラビアで芸能界デビュー。その後しばらく撮影会モデルなどの下積みをこなしながら、グラビアの仕事を続ける。 2002年、日テレジェニック2002に選出。この頃からロリータフェイスと「こりん星のりんごももか姫」という自己創作のお姫様キャラクター(後述)で徐々に注目を集めるようになり、発売アイテムが軒並み好セールスを記録。それと同時に関西地方のテレビやラジオなどの仕事が増え始める。また同年に読者投票で選出されたミスヤングアニマルを2005年まで4年連続選出されるなど、グラビア方面でも人気が過熱。

2004年あたりから在京キー局のバラエティ番組への出演が多くなり、その特異なキャラクターが多くの視聴者に知れ渡ることになる。2005年4月、『笑っていいとも!』の金曜日のレギュラーに抜擢されるに至り、最も著名なグラビアアイドルの1人として世間一般に認知されるようになる。

2008年4月8日に大阪市淀川区で「焼肉小倉優子 西中島南方店」のオープンを皮切りに京都・大阪・兵庫・埼玉に展開しており経営陣の一人として小倉の名前も登記されている[1]

2008年7月16日、ZAKZAKの「第1回日本グラビアアイドル大賞」を受賞する。

2009年初頭、「焼肉小倉優子」の姉妹店として小倉の名を冠した「イベリコラーメン小倉優子」という店名の飲食店を出店。

* 愛称は中学生の頃のニックネームである「ゆうこりん」。言葉の語尾に「○○りんこ」、「○○りんこだプー」と付ける。
* 家族は両親と兄、弟で3人兄弟の真ん中。
* 身長は161.2cmであるが、145cmくらいだったら良かった、と雑誌インタビューで答えたこともある。デビュー当時はO脚であることを気にしていた。
* 名古屋のローカル番組『ノブナガ』(CBC)出演時にムチや木馬などを体験しマゾであることを自覚した。写真集では手錠シーンを撮影した。
* 地元球団千葉ロッテマリーンズの始球式で登板したことが縁となり同球団のファンになる(しかしそれ以前は中村勝広が親戚であるという理由で「家族ぐるみで阪神タイガースを応援している」と発言したこともある)。2005年『THE・サンデー』の番組内においてパ・リーグ球団のファンとしては初めて巨人ファンの徳光和夫との応援バトルを展開した。結果は、同年の千葉ロッテの絶好調ぶりも手伝い小倉優子の圧勝。徳光は完全にぼやきモードに入り自棄食いをした。同年千葉ロッテのキャンプ地を訪れ、ボビー・バレンタイン監督にチョコレートを贈呈した。
* テリー伊藤や秋元康からは、セルフプロデュースの上手なタレントと評価されている。
* 好きな色は黒。普段の服装でも「黒が無難かな」と服装について語っている。
* 2009年6月21日の中日ドラゴンズ対オリックス・バファローズ戦(CBC)の副音声で、中日ファンと公言した。(しかしその数日後に行われた中村勝広との対談ではオリックスに協力する気はあると発言していた。実際のところ本当は阪神、ロッテ、オリックス、中日のうちどこのファンなのかはっきりとしていない。)
* 「浮気」を断じて許さない性格である。自身の冠番組『ざっくりマンデー!!』(TBSテレビ)で、「浮気は日本の法律で犯罪になればいい」と発言するほどである。[2]
* デビュー当時からしばらくは雑誌インタビューなどで「主食はお菓子(特に甘物)」と発言していた時期があり、実際に他の食事を殆ど取らなかった。しかし仕事が忙しくなった途端に仕事先で貧血で倒れるなどが頻発したため、事務所の勧告を受けて食生活を改めた。自身のブログ「こりん星のお食事って?」も主に小倉の日々の食に関して書かれたものになっている。
* デビュー直後のセルフプロモーションビデオでは、笑顔で「うんちっ」と言ってポーズをとったり、当時出演した『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)では、「三宅裕司さんとお泊まりしちゃったんです!キャー!!…でも、全部ウッソピョーン」といった、現在のキャラクターとは正反対の、デビュー当時の篠原ともえを思わせるテンションでネタを披露している。
* 酒井彩名とは実家が近所(父親同士が飲み仲間という説もある)であり、「(同郷の芸能界の先輩として)尊敬している」と言っている(年齢は酒井のほうが年下)。また、デビューの頃から一番尊敬しているタレントは、元モーニング娘。の辻希美である。
* ブログでは、同じ事務所の後輩・浜田翔子とのツーショット写真がたびたび掲載されている。ブログに登場する友達の芸能人としては、杏さゆり、スザンヌ、相沢真紀、マギー審司の妻・吉田有希、しずちゃんなどがいる。
* ゆうこりんとしてのキャラが確立されていない当時、ある番組での小倉の態度に、関根勤が苦言を呈した事がある。「お父さんもいびきうるさい?」などと彼女の性格を知らずプライベートな事柄に触れた質問をし、「その話は置いといて」などと的確に答えようとしない彼女に、関根が不快感を抱き口をきかなくなった。「礼儀がなってないから本当はアタマにきてたんですよ?」と、関根が後日『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ系)のトークの中で明かした。なお、現在では和解をし、関根が小倉の真似をしたり、『笑っていいとも!』のレギュラーとして共演したりしている。
* 2004年12月31日放送の『ビートたけしのTVタックル・嵐の大ゲンカ超常現象ファイナルウォーズ』で、早稲田大学名誉教授の大槻義彦が、フォトンベルトについて「フォトンとは光子のことで、これは電磁波の一種です」と説明している途中、「もっと簡単な言葉がいいな?」と発言して話を中断させ、真剣に聞いていたビートたけしに「解んないなら黙ってろ!うるさい!」と一喝された。ただし、2年後の2006年の年末の「政界スペシャル」では浜田幸一が入場する際の緊急熱血演説の間、たけしは隣席にいる阿川佐和子と終始茶化したような態度をとっていた。
* 自称かなづちだったが、2005年11月27日放送の『さんまのスーパーからくりTV』において息継ぎを練習したところ、あっという間に25メートルをクロールで泳げるようになったことから、明石家さんまや他の出演者から泳げないふりをしていたのではないかとからかわれたため、収録後局内のトイレに2時間立てこもり、さんまらが小倉が出てくるまで楽屋で待機したというエピソードを持つ。同番組ではこの企画を連続ものとして放送し、年末の特別番組までに小倉は泳げるようになるかという企画を予定していた。
* 2006年4月2日の『さんまのスーパーからくりテレビ』で浅田美代子とゴルフ対決をした際、「ゴルフクラブに触るのは生まれて初めて」と語ったが、デビュー直後のセルフプロモーションビデオには楽しそうにゴルフをする小倉の姿が収録されている。ゴルフ歴の長い浅田は「絶対負けたくない」と語ったが、浅田に不利な条件で試合は行われたため、小倉が勝利し、浅田はショックで髪を切った。その後、浅田はリベンジを果たそうとしたが、助っ人の横峯良郎の不参加などの偶然も重なり、結局また浅田は敗北した。浅田の罰ゲームは同番組の「ご長寿早押しクイズ」に50歳の浅田が出場するという屈辱的なもので、「私は浅田さんのことが大好きですよ」と言う小倉に、浅田は「もう嫌い!顔も見たくない!」と半泣きで言った。そして、10月1日放送の特別番組で、小倉・横峯組はさんま・浅田組との対決に敗北。罰ゲームとして、替え歌で有名な元印刷業の酒井と一緒に替え歌コーナーに出演した。
o また、横峯良郎の経営するゴルフ教室に参加した際、寝坊や実力不足で小学生達の足を引っ張るが、最終日に横峯の娘でプロゴルファーの横峯さくらでも成功率が低い「竹割り」(通常通りにボールを打ち、数メートル先に立てられた竹に当てる)をわずか3打で成功してしまい、長丁場を覚悟していた横峯は驚きを通り越して半ば呆れていた。
* 『愛のエプロン』に出演する際は、甘い食材を使うことが多い。代表的なものに、ビーフシチューやコロッケへのチョコレート、肉団子甘酢あんかけの甘酢あんへの蜂蜜など、その後料理の腕を改善すべく料理教室に通うようになり、後の出演時にはその成果を見せた。
* 2006年7月29日の『恋のから騒ぎ』にゲスト出演した際、「生まれ変わったら何になりたい?」という問いに「幼稚園(の先生)」と答え、さらに「(芸能活動に)疲れちゃった。でも現場に優子が行かなかったら大変なことになるから、行かなきゃなんない」と発言。司会の明石家さんまが「かわいいねぇ。でも裏で“よし!”とか思てるんでしょ?」といじられると、「そういうこと言うから芸能界を辞めたくなるんですよ」と返した。
* 2006年8月24日、よゐこの濱口優との親密交際が報じられた。週刊誌「女性セブン」が2人のデート現場をスクープしたもの。
* 『運命の数字』(テレビ朝日系)でビビる大木が「レギュラー番組5本の内3本がバーター出演(業界用語で抱き合わせ出演)」である事を告白すると、自身も同事務所の先輩眞鍋かをりのバーターであった事を明かし、大木と共感し合った。
* メイドのコスプレをしてSDメモリーカードのキャラクターにもなっている(参照:BARKS「限定販売! 萌え萌えめがねメイド姿のゆうこりんほか)など、アキバ系男子からの人気が根強い。
* 2007年6月13日放送の「オビラジ®」で、自らのスケジュールを公開し、仕事の合間を縫って体を引き締める為の加圧式トレーニング、料理教室などの習い事に通っていることを明かしている。またリボンやカチューシャが好きでブログで度々披露しているが、それは殆どスタイリストの持ち物で自前ではない。
* 小島よしおがコスモエンジェルで共演した本人の前で言ったものの「覚えてない」と答えた。
* かつてはヘビーゲーマーであり、ファミコン ? NINTENDO64期までは暇さえあればゲームをプレイしていた。特に「トルネコの大冒険」と「ゼルダの伝説 夢をみる島」には何時間費やしたか分からないという[3]。
* 現在は個人で株取引をしている。ブログは株の話題が多い。最近は為替にも手を広げている。
* 『美しき青木ド・ナウ』(テレビ朝日系)にゲスト出演した際「男の人の年収って見れば大体わかりますよね」と発言し、他の出演者一同を驚かせたことがある[4]。後日、同番組で、異なる職業を営む5人の男性(全員初対面)と5?10分の個別面談をしただけで小倉が各男性の年収を値踏みするという検証企画をおこなったところ、順位はパーフェクト、金額も1・2位はほぼピタリ、残り3名は100?150万円の誤差という結果を出し、立会人の青木さやかと西川史子を唖然とさせた[5]。
* 2009年1月に、小倉とのCM出演を持ち掛け高校生から現金を騙し取ったとして、京都府警が、詐欺容疑で無職男を逮捕する事件があった[6]。この事件に関して小倉は、同月7日放送の日本テレビの『ラジかるッ』で、「自分が中途半端だから詐欺に名前を使われたのかな。宮崎あおいちゃんなら完全なウソ話だけど、私の名前が利用されるのはタレントとして中途半端です。」と発言したが、この後、同番組司会の中山秀征が小倉を慰めたところ、小倉は、毅然として「許せない」と詐欺犯への怒りを表明した[7]。
* 2009年7月13日放送のネプリーグでネプチューンチームのゲストとして出演するも、オープニングステージ「イングリッシュブレインタワー」で堀内健が1問、彼女は4問連続答えられず不正解となり1度も原田泰造に回らずタイムオーバーとなってしまった。(現在のワースト記録は彼女であり、次に福田充徳の3問連続不正解)。

小倉は自らのことを「こりん星」という星からいちごの馬車でやってきた「りんごももか姫」だと事あるごとに発言している。これは小倉のキャラクターを語る上で外せないフレーズで、彼女なりのユーモアの1つであり、トーク番組などで自ら笑いのネタに使うこともある。また自ら創作した物語を1冊の本として発表したこともある(『りんごももか姫』ワニブックス刊)。

* 「ももか姫」とは、中学の頃、自分に別名を付けることが流行り、「友達から『ももか』っぽい」と言われたのを気に入ったため使っている。
* こりん星での物語は、千葉県内にある自宅から東京まで電車で通勤する暇な時間に膨らませた空想であると、『グータン』(フジテレビ系)で発言した。
* 岡村隆史がラジオ番組で「いちご姫と食事した際、いちご姫が「今の小倉優子は私のキャラをパクった」と発言した」と語った。ちなみにいちご姫は、「イチゴの馬車に乗りトイレではイチゴの用を足す」などと公言している。
* 『謎を解け!まさかのミステリー』で、「こりん星から来てない事くらい承知してます」と発言し、スタジオに衝撃を呼んだ。しかし、本人はその後この発言を完全に忘れてしまい、後にこの時のVTRから「この後小倉優子は何と言ったでしょう」という問題が出た際は全く違う答えを書いていた。
* 2005年4月20日放送の愛のエプロンで、共演した青木さやかから、「『こりん星に帰ります』って言ってたのに、埼京線に乗っていた」と明かされた。
* 2005年11月27日放送の『さんまのスーパーからくりTV』では、こりん星は「(東京都)港区」にあると発言。
* 2005年12月24日放送の『明石家サンタ』で、こりん星から番組に電話を掛け、こりん星は「港区」にあると再び発言。『さんまのスーパーからくりテレビ』で明石家さんまに「あほんだら」と言われたことをネタに、八木亜希子から合格の鐘を鳴らされた。さんまは反対したが、中国旅行のプレゼントを手にした。
* 2006年5月31日放送の『ザ・チーター』で、「こりん星から来たなんて嘘なのは知っている!!」と光浦靖子から突っ込まれ、「うそつきチーター」の烙印を押され、ゲーム追放決定直後に大泣きした。
* 2006年2月19日開催のファンの集いで、「ゆうこりんが“萌え?”となるときは?」の質問に「汗をかくのが大好きなので、暖かい所がいいですね?」と回答。
* 2007年3月21日発売の「ダイヤモンドZAi」5月号の特集「ゼロから始める株超入門!」で、株式投資に挑戦。証券会社に口座を開設する際、申込書の住所欄に「こりん星」と入力し受付不可とされる(その後、こっそり「東京都港区」と訂正)。なお、この企画は翌月から連載企画として継続される。
* 2007年4月21日に放送された『恋のから騒ぎ』にゲスト出演した時に「マネージャーさんに、そろそろ、"こりん星は爆発させたいんだけど"と言われた」と発言。放送当時、こりん星の土地販売の入札中で、2ちゃんねるを始めとする多くの匿名掲示板やブログで波紋を呼んだ。 2007年5月9日放送の『クイズ!ヘキサゴンII』でも同様の発言をしたが、司会の島田紳助に「そんな相談はもうええねん。」と相手にされなかった。
* 2007年5月3日の『ライオンのごきげんよう』に出演した際も、「こりん星が爆発される。マネージャーから小倉優子と呼ぶように指示されているかもしれないが、ゆうこりんと呼んで欲しい」と発言した。
* 『クイズ!ヘキサゴンII』で、24歳辺りから、周りから「『そのキャラ(りんごももか姫)きつくなったね』と言われ(始めてい)るけど、まだまだがんばりんこ」と発言している。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 気になる芸能人
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。