スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

藤原紀香 流出

藤原 紀香(ふじわら のりか、本名同じ、1971年6月28日 – )は、日本の女優、モデル、タレント。ミス日本グランプリ受賞者。

所属事務所はサムデイ。

* 神戸親和女子大学文学部英米文学科卒業。
* 資格は、英語検定2級、着物着付け3級。
* 趣味は、女磨き、写真、釣り、加圧トレーニング、映画鑑賞、タンゴ、スポーツ全般、アロママッサージ。
* 設計事務所経営の父、専業主婦の母と3歳下の弟の4人家族である。
* 中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代は落語研究会に所属していた。芸名は「親和亭かつお」だった。
* 体型が峰不二子に似ていると自負(『SRS』の番組内でコスプレした事があり、自身も50歳60歳になっても「峰不二子」の容姿でいたいと2007年2月16日の『スポーツニッポン』のインタビューで語っていた)。
* 和歌山県出身の両親が結婚前によく紀ノ川周辺でデートをしており、思い出深い「紀ノ川」の「香り」にちなんで紀香と命名された。
* 母親は紀香よりも大柄で若き日には、第1回ミス和歌山コンテストに出場したが、ミスに選ばれなかった。また家族に反対され芸能界入りを諦めた。そのため紀香に期待し、娘のミスコン出場には積極的で、芸能活動にはとても協力的、娘がミスコンに応募した頃から度々TVにも登場している。2006年12 月10日の結納時に、うつむいて顔を隠して車に乗っていた為、報道陣に影武者として写真を撮られているが、影武者のつもりはなかった。
* 自著である『藤原主義』によると、芸能界デビュー当初は実家から新幹線や飛行機で仕事場に通っていたが、阪神・淡路大震災で親戚や知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意したとのこと。その時、家族会議が行われ、母から「成功出来んかったら帰っておいで。」と言われるが最終的には上京を認めた。上京の際、父がトラックに荷物を積んで一緒に東京へ行ったという。
* 大黒摩季とは「のりぞう」「まきぞう」と呼び合う間柄。
* ラジオDJパーソナリティである玉川美沙と同年齢で同じ関西人という繋がりで親交があり、彼女の番組『玉川美沙 たまなび』(文化放送)にもゲスト出演した[6]。
* 風水を学問として捉え、かなり奥深く学んでいるらしい。陣内智則との交際・結婚についても風水建築デザイナーの直居由美里にみてもらっている。
* 美容と健康の為にローズウォーターを飲んでいる。
* CHAGE and ASKAのASKAを兄のように慕っており、デビューして間もなく居酒屋でASKAに会い、仕事面で悩んでいた彼女はASKAに相談したところ「必ず売れる」と言われ、その後すぐに主演映画が決まりASKAが舞台挨拶にサプライズで登場した。
* 「クイズ!紳助くん」の初代アシスタントオーディション参加者の中でも彼女の日本人離れしたスタイルは群を抜いており、会場を覗いた島田紳助に「誰や!ハナテン中古車センターに新車のポルシェ持ってきたやつは!」と言わしめた。
* 空腹状態での仕事が苦手。お腹が空きすぎると凶暴になり、赤ちゃん言葉を発するという[7]。
* 大好物は食用ホオズキ。わざわざ箱で取り寄せて甘酸っぱい味を愉しむという[7]。
* 海洋動物が大好きで、小学校の頃の夢はイルカショーのお姉さん。一緒に寝泊りして飼育することにあこがれていたという[7]。
* 入浴時、湯船にはたっぷり日本酒を注ぐ。シャンプーの前にはたっぷりの塩を頭からかぶる。彼女なりの健康法であるという[7]。
* 1971年和歌山県にて誕生、物心ついた頃に兵庫県西宮市[1]に一家で越す。
* 1989年高校生の時に毎日放送が毎年募集していた第70回 センバツ高校野球の「セブンティーンレポーター」の一人に選ばれる。
* 1990年親和女子高等学校→神戸親和女子大学文学部英米文学科に進学。
* 1992年神戸親和女子大学在学中に、第24回ミス日本に応募しグランプリを受賞。
* 1993年東レ水着キャンペーンガール。関西ローカル番組『ナイトinナイト』の枠内で放送された『クイズ!紳助くん』の初代アシスタントに。1997年12月までの長期出演。
* 1994年アサヒビールイメージガールとして活躍。
* 1995年阪神・淡路大震災で被災し、「人生、いつ終わるか分からないから」と達観して上京。
* 1997年映画『CAT'S EYE』で、泥棒三姉妹の長女の泪(るい)役を演じる。
* 1998年フジテレビ系テレビドラマ『ハッピーマニア』に出演。
* 2000年香港映画『SPY_N』に出演。CMにも数多く出演し「CMの女王」と言われた(CM総合研究所のCMタレント年度別好感度ランキングで1999年と2000年に一位を記録)。特に、J-PHONE(現ソフトバンクモバイル)のCMは衝撃的で、世間の話題を呼んだ。J-PHONEは藤原紀香のCMの効果で、大きくシェアを伸ばした。
* 2002年日韓親善大使。「スタアの恋」でヒカル子役を演じ、テレビ誌の主演女優賞を獲得。
* 2004年3年契約で自身がプロデュースするブランド「NEW YORK DIARY」を立ち上げた。
* 2006年12月26日、お笑い芸人の陣内智則と2人そろって婚約会見を行った[2]。世界で一番ユーザーが多いソーシャルネットワーク、MySpaceをはじめる。
* 2007年2月17日、生田神社で陣内智則と挙式(挙式の様子は非公開[3])3月、ヒロインを務める予定だった2007年8月の舞台「ささやき色のあの日たち」を「海外で別の仕事がある」として降板。4月10日、加古川市役所にて陣内智則と入籍。5月、自著である『紀香魂-ハッピー・スピリット-』を発売。マリッジブルーにより「円形脱毛症」だったことが明かされる。5月30日、ホテルオークラ神戸で披露宴を行った。
* 2009年3月19日、夫の陣内智則とすでに別居中で離婚秒読みだとスポーツ3紙が一面で報じ[4]3月20日、藤原の母親が離婚届を提出し、連休明けの23日に正式に受理された[5]。5月、ツレがうつになりまして。に主演出演。

* 2007年5月30日、ホテルオークラ神戸にて結婚披露宴挙行。その模様は日本テレビ系にて放送。
* 司会は徳光和夫と松本志のぶ(日テレアナウンサー)が務め、乾杯の音頭に芸能界では先輩だが、事務所では後輩に当たる宇津井健、その後は郷ひろみの歌のプレゼント、島田紳助からの祝辞、ムーディ勝山からの歌のプレゼント等で盛り上げた。他にも紀香と陣内にゆかりの有名人が多数出席した。なお、この時列席したはるな愛が二次会の余興で披露した「エアあやや」が受けたことから、はるな愛がブレイクするきっかけとなった。さらに、陣内がコブクロの「永遠にともに」をピアノを弾きながら熱唱した。
* 視聴率は関東地区では24.7%、名古屋地区では31.0%そして2人の地元である関西地区では40.0%という高視聴率となった。

* 自身が「雨女」であると公言している。
* 1999年、テレビ朝日系「藤原紀香アルゼンチンタンゴ魅惑のひとり旅」収録のためにアルゼンチンを訪れた際、大雨量のため現地の交通麻痺を引き起こした。
* 初の国際映画『SPY_N』(2000年香港・スタンリー・トン監督)にヒロインとして出演した際には、上海市内の高層ビルの44階付近外周において、ハイライトシーンとしてノースタントの本人出演によるワイヤーアクション撮影が行われたが、終日雨天となったため撮影が難航した。
* 2002年7月、内戦後のアフガニスタンに赴いて取材訪問を行った際には、その従前3年間にわたって降雨のなかった枯れ地に、恵みの大雨をもたらした。
* FIFAワールドカップ2002における日韓親善大使を務めた際には、職制上10回以上訪韓したが、晴れる日は皆無で、おしなべて降雨か砂嵐、大雪、などで交通麻痺にもなった時であったり、機内で雷に二度も打たれたほか、歴史上かつて氾濫したことのなかった韓国の河川が洪水で決壊したり、悪天候で飛行機が羽田に引き返すといった経験をした。
* 2003年、乾期のケニアに訪問した際には、例年の通り乾期中の飲料水確保に苦労していた現地の伝統民族マサイ族が大喜びするほどの降雨をもたらした。
* マヤ文明の遺跡めぐりをした際には、雨神を祭るピラミッド前に到着したとたんに驟雨となった。
* 2006年12月26日深夜に婚約記者会見を行った際には、会見中から日本全土に季節外れの大雨が降った。
* 2007年2月17日生田神社で挙式した際、神戸地域の気象予報は降水確率の低い「曇り」の予報であったが、当初の本人の予想通り雨天となった上、挙式後の記者会見が終わった瞬間に雨が降り止んだ。
* 2007年5月30日の、ホテルオークラ神戸(神戸市中央区)においての結婚披露宴当日も、前日までの晴天が嘘のように雨天になった。披露宴前に雨勢は弱まり、宴の途中で雨は完全に上がった。
* 陣内との離婚騒動の渦中、ケニア赤十字社への広報特使として長期滞在していたナイロビ市近郊から、当初の予定通り2009年3月25日に関西国際空港経由羽田空港を経て帰国した。この日の日本列島には低気圧が3連団のかたまりとなって通過したものの、前線は日本列島をはるか南に外れて掛かっていたため、気象予報士らの分析はおしなべて降水確率が極めて低い「曇り」の予報であった。しかし藤原が久々の帰国をすると、藤原の移動に合わせて関西・中部地方、次いで関東地方へとしっかり雨が降り、帰宅すると雨は降り止んだ。
* 自分のマイテーマソングはASKAの『はじまりはいつも雨』だと言う。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 気になる芸能人
genre : アイドル・芸能

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。