スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

長澤まさみ  裏流出ネタ アンパンマン化「顔パンパン、腕ムチムチ、下半身プヨプヨ」

オセロ中島の激太りが話題になったが、ここにきてまたひとり、「顔パンパン、腕ムチムチ、下半身プヨプヨ」をウワサされる女優が。かつて“若手女優ナンバーワン”の呼び声も高かった長澤まさみ(22)だ。

「最近は少し元に戻ってきましたが、一時期は顔がパンパンでアンパンマンみたいになっていました」(女性誌記者)

長澤といえば、12歳で東宝シンデレラで見事グランプリを獲得して以降、女優の王道を突き進んできたエリート。一体何があったのか?

「自信喪失からストレスで過食になってしまったようです」と明かすのは某大手芸能プロ幹部。長澤はこの2年くらい前から人気にかげりが見え始め、6月までやっていたオダギリジョーとの初共演ドラマ『ぼくの妹』は平均視聴率7.9%に終わるなど出演作の数字がことごとく低迷。

主演映画『群青 愛が沈んだ海の色』は「上映1回の観客がたった9人」と週刊誌にコキ下ろされてしまった。

「長澤の所属事務所は、お嬢様系正統派女優を育てるのには定評があるのですが、今の時代お嬢様系はナンセンス。戦略ミスでしょう」と前出の記者。そもそも映画『群青』はふんだんな濡れ場がウリだったが、「事務所のNGですべてカットになった」(映画関係者)というから、時代が求めているものと、事務所が考えていることのギャップは大きいといえそうだ。

「もはや豊満な肉体を武器に、肉食系女優として方向転換していくしか残された道はない。ある程度カラダの露出を増やしていけば、まだまだ需要はありますよ。あの88センチFカップのバストトップを惜しげもなく出してくれれば、言うことないのですが…」(民放ドラマ制作スタッフ)

果たして大胆な路線変更はあるか? 今後が注目されるところだ。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能ネタ
genre : アイドル・芸能

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。