スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

高相祐一容疑者、奄美で覚せい剤を現地調達

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された酒井法子容疑者(38)の夫、高相祐一容疑者(41)が先月20日から家族旅行で訪れていた鹿児島・奄美大島で、「レイブに行き、覚せい剤とパイプを入手した」などと供述していることが27日、分かった。「妻もそれを使った」と話しており、警視庁は追送検した7月5日の覚せい剤使用以外の使用もあるとみて、調べを進めている。


 警視庁のこれまでの調べに「奄美大島では自分で覚せい剤をやり、妻の分も用意した」「妻と一緒にやった」と供述していた高相容疑者。その入手先は、現地で開催された「レイブ」と呼ばれる音楽イベントだった。


 酒井容疑者夫婦と長男(10)は7月20日から30日まで、奄美大島に滞在。親子3人の夏休みの旅行で、日本では46年ぶりとなる7月22日の皆既日食を見ることが目的だった。だが、実際は違っていた。


 高相容疑者は「レイブに1人で行き、覚せい剤とパイプを入手した」と話し、さらに「滞在中の先月23日ごろ、ホテルの近くで息子と妻が遊んでいた。妻とホテルにいた自分が替わるときに、ホテルの部屋にパイプを入れた覚せい剤を置いていった」「部屋にもどったらパイプに入れた覚せい剤が減っていたので、妻が吸ったのだと思った」と新たに供述。酒井容疑者が、7月23日ごろに覚せい剤を使用していた可能性が出てきた。


 当時、奄美大島では「皆既日食音楽祭」と題するイベントが7月16日から9日間にわたって行われ、連日オールナイトで盛り上がっていた。酒井容疑者夫婦は同20、21日に会場にいるところを目撃されているが、20日は異様なハイテンションで踊っていたという。


 また、不審な行動もあった。宿泊していたホテルの部屋を20日から25日の6日間、入室禁止に。ホテル関係者によると、禁止が明けた26日には、部屋にはろうそくがあり、物で散らかっていたという。


 捜査関係者は2人がこの部屋で覚せい剤を吸っていた可能性もあるとみて調べを進めていた。


 酒井容疑者は28日に覚せい剤所持の罪で起訴される見通し。警視庁は、7月5日に東京・南青山の自宅マンションで覚せい剤を使用した疑いで同容疑者を追送検したが、夫の供述によって明らかになった「7月23日ごろ」に焦点を当て、酒井容疑者を追及する方針だ。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line

イラン人携帯に高相容疑者の携帯番号

酒井法子容疑者(38)の夫・高相祐一容疑者(41)は、警視庁の調べに対し「過去にイラン人から覚せい剤を買ったことがある」などと供述していましたが、警視庁が今年、覚せい剤を密売していたとして逮捕したイラン人の男から押収した携帯電話の通話履歴に、夫の高相容疑者の携帯電話の番号が残っていたことが、警視庁への取材で新たにわかりました。

 また、酒井容疑者が先月5日、東京・港区の自宅マンションで使った覚せい剤や、高相容疑者が渋谷の路上で下着の中に隠し持っていた覚せい剤の入手先について、高相容疑者は「前にイラン人からまとめて買ったものだった」などと供述しているということです。

 高相容疑者は、妻の酒井容疑者も逮捕されたことについて、「妻に覚せい剤の使い方などを教えてしまって悪いことをした」などと供述しているということです。

 「泣きながら『祐一が職務質問を受けているんだ』って電話があって」(建設会社会長)

 一方、今月2日、東京・渋谷の夫の逮捕現場に駆けつけ、酒井容疑者に車を提供した建設会社の会長が、初めてカメラの前で6日間の逃走劇を明らかにしました。

 「(高相容疑者は)『酒井法子はおれの女房だ』と、あそこでデカイ声をあげたらしい」「(酒井容疑者は)しょぼくれて、『申し訳ないです』って」(建設会社会長)

 酒井法子容疑者は、警視庁の調べに対しては「覚せい剤を抜くための逃走だった」と供述しているということで、警視庁はさらに追及しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20090826/20090826-00000034-jnn-soci.html             関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line

別荘でも覚せい剤?酒井法子容疑者の夫を再逮捕

女優の酒井法子(本名・高相法子)容疑者(38)が覚せい剤を所持したとして逮捕された事件に絡み、警視庁は23日、酒井容疑者の夫で、21日に覚せい剤取締法違反(所持、使用)で起訴された自称プロサーファーの高相祐一被告(41)を、千葉県勝浦市の別荘に覚せい剤を隠し持ったとして、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で再逮捕した。

 発表によると、高相被告は8月9日、勝浦市部原に借りている別荘で、覚せい剤約0・09グラムを所持した疑い。同庁は同3日、渋谷区内の路上で覚せい剤を所持したとして、高相被告を現行犯逮捕。同9日にこの別荘を捜索した際、覚せい剤を発見したため、高相被告に事情を聞いたところ、「自分のものです」と認めたという。

 同庁は、別荘の覚せい剤は夫婦で所持し、使用した疑いもあるとみて、酒井容疑者からも事情を聞く。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090823-00000398-yom-soci             関連画像 theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

line

高相祐一容疑者、別荘で“奇行”目撃情報

覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された酒井法子容疑者(38)と高相祐一容疑者(41)の千葉・勝浦市にある別荘周辺で16日、高相容疑者の“奇行”が明らかになった。自称プロサーファーはビーチでいきなり奇声を上げるなどして、地元サーファーらを仰天させていた。

最高気温28度。カラッとした晴天が広がる16日、高相容疑者の別荘近くのビーチでサーフィンを楽しんでいた同市の会社員男性(23)は高相容疑者の“衝撃行動”を目撃していた。

 「6月のある日の夕方のことです。私がサーフィンして砂浜に上がった後、いきなり『ウァー』という奇声が聞こえたので暗がりのビーチの方を振り返ったら、高相容疑者が慌てた様子で叫びながらひとりでダッシュしてました。そんなサーファー見たことないですし、意味不明で不気味でした」と恐怖の瞬間を証言。さらに、地元サーファーの間では、同容疑者がビーチで、酒を飲んだわけでもないのに泡を吹きながら倒れていたとの情報も流れている。波に飲み込まれたら一大事になっていただけに、地元住民らの困惑は大きい。

 その一方で、食事のときは一転、陽気だった。近くの定食店の女性従業員は同店の常連だったといい、「奥さん(酒井容疑者)と長男の3人で来たこともあった。最後に会ったのは7月。“チキンソテー”を別荘に出前したら、笑顔で『ありがとう』って…。いつも優しかったですよ」。同容疑者の奇怪な行動については「信じられない」と驚きの様子だった。別の飲食店の男性店主も「よく見かけたけど、悪いうわさは聞いたことがないよ」と日本中を騒がせている今回の逮捕劇に困惑しきりだった。

 この日、ビーチのにぎわいとは裏腹に、外壁をピンクに塗装した平屋建ての別荘は静まりかえっていた。覚せい剤と吸引で使用したストローが見つかった別荘からビーチまでは、国道128号をはさみ約100メートル。そのわずかな距離の両側で高相容疑者は別人のような振る舞いをしていた。勝浦のビーチに流れる数々の“高相伝説”。波紋はまだまだ広がりそうだ。             関連画像 theme : 気になるニュース
genre : ニュース

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。