スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            関連画像
line

小向美奈子

小向 美奈子(こむかい みなこ、1985年5月27日 - )は、埼玉県出身のストリッパー、元グラビアアイドル、女優、タレント。旧所属芸能事務所はリップ。血液型はAB型。

埼玉県蓮田市出身。蓮田市立黒浜中学校を経て、日本音楽高等学校中退。

15歳の時にグラビアアイドルとしてデビュー。童顔とグラマーな体型により人気を博し、バラエティ番組への出演や女優活動も行った。

2000年終盤に第1期プチエンジェル、2001年にフジテレビビジュアルクイーンの一員として選出された。昼ドラ『冬の輪舞』ではウェディングドレス姿を披露している(スペシャルのみ)。サッカーアニメ『ホイッスル!』では、主人公・風祭将の声優も務め、主題歌も担当。2005年夏頃に水着卒業を発表し、本格的にタレント・女優業にシフトするかと思われた。しかし、ほしのあきの活躍ぶりに心を打たれたとの理由で、2006年7月発売のDVD「REVOIR」でグラビア活動を再開した。

2008年9月24日、所属事務所リップが契約解除を発表。事務所側は「本人の体調不良・精神的不安定・音信不通状態なども幾度かあり、仕事上でも支障をきたすことがありました」「復帰に向けて動き出してきましたが、我々の予想以上に困難な状態となり、これ以上本人の芸能活動を支えることが不可能と判断し、専属契約を解除する運びとなりました」と説明した。

同年11月末、『週刊ポスト』は「私が見た『副業は売春という悪夢』」という衝撃的なタイトルで小向の告白を掲載。小向は「アイドルを紹介することでお金を得ている人たちがいて、デートクラブみたいな仕組みができている。闇社会の人もいます(中略)売春を副業にしちゃうグラドル、何人もみてきた」と芸能界の“売春ネットワーク”の存在を明かした。ただ、本人は「あたしは神さまに誓ってやったことはない」と売春をしていなかったことを断言。何人かのIT社長から札束を積まれたが受け取らなかったとしている[1]。

2009年1月22日、2008年6月下旬に交際相手の男の自宅で、微量の覚醒剤を共同で所持した疑いで覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された[2]。所持量がわずかだったため所持容疑は起訴猶予処分となったが、尿検査で陽性反応があり、「六本木のクラブで知り合いの外国人女性に勧められて、店内で吸引した」と供述したため、同法違反(使用)容疑で追送検され、起訴された[3]。小向被告は被告人質問で、覚醒剤を始めた経緯を「付き合っていた男性に強要された。断ると暴力を振るわれた」と語り、また、今回の使用については「六本木のクラブで外国人の女性に誘われた。酔っぱらった勢いで使った。仕事を解雇され、いろいろな負い目があった」と涙ながらに語った。同年2月26日、東京地方検察庁検察官は懲役1年6ヶ月を求刑、東京地方裁判所は求刑通り小向に懲役1年6ヶ月(執行猶予3年)の判決を言い渡した[4]。今後については「同世代の女の子のように普通の生活を送りたい」と述べた。
スポンサーサイト
            関連画像 theme : 気になる芸能人
genre : アイドル・芸能

line
line

FC2Ad

line
スポンサードリンク
line
スポンサードリンク
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブックマーク
line
メルマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。